父親の描いた絵がかわいい
スポンサーリンク

 

久しぶりに実家に帰った。

 

父親は農作業をしていて、母親は掃除をしていた。

変わらないなぁ。

 

ふたりとも歳を取ったし、

飼い犬のさくらも、気が付けばおばあちゃんだ。

 

自分のことはわからないのに、

自分以外の人の老いは目に見えてわかる。

 

「お父さん歳取ったね」って言ったら、「孫の顔を見せてくれ」だって。

 

すんごいカウンターだった。

レベル2デスをかけたらリフレクで返ってきたくらいの衝撃。

そこはせめてデスクローにしてもろて。

 

私が(物理的に)おろおろしてたら、

父親が言ってくれたんだ。

 

「お前の好きなように生きればいい」って。

 

 

いやー、優しいけどきつい一言っす!押忍!

 

 

で、父に頼まれて筆で色々書いた。

 

私は中学まで書道教室に通っていたので、

そこそこ文字を書くのが上手い。

 

ただ、毛筆で書くのは得意だが、硬筆(ペン習字)は大の苦手。

どうしても文字が斜めになるし、バランスも悪い。

 

習うか、ペン習字。

ちょっと調べてみよう。

 

でね、一通り書き終わった後、

紙が余ってたので絵を書いて遊んでた。

 

 

かわいいな、おい。

 

君にこの花をあげるよ、つって。

柄がハートになっててかわぁ、つって。

後ろに組んだ右手がいい味を出してますね、つって。

 

 

いい歳のおじさんが実家で筆でかわいい絵を描いて遊ぶ。

いいじゃんん!そのくらい許してよ!

 

 

ヒンクスヒンクス(泣き声)

 

 

でもさすがにこれはかわいいのでは?

いやぁ、額縁に入れて飾るレベル。

 

 

なんて、ひとりで考えてたら父が来た。

 

 

「お、かわいい絵だね。豹(ひょう)かな?」

 

 

よく分かりましたね父上。

 

さすがの観察眼。

伊達に私の父親じゃぁねぇぜ。

 

 

いい機会だから、ついでに父にも絵を描かせてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいなぁ、おい!!!!

 

額縁に入れて飾るのはこっちでしたわ。

 

スポンサーリンク

Twitterのフォローをお願いします_(._.)_