もしもピアノが弾けたなら
スポンサーリンク

 

もしもピアノが弾けたなら

思いのすべてを歌にして

君に伝えることだろう

雨が降る日は雨のよに

風吹く夜には風のよに

だけど僕にはピアノがない

 

 

 

 

 

いや、ないんかい。

 

普通、歌いだしの時点で気づきますよね?

いちばん大事なことだと思いますよ?

もしかして自分に酔ってたんですか?

 

ごめん、言い過ぎた。

 

思いが先走っちゃったんだよね、きっと。

そこまで彼女のことを好きになってしまったんだよね、きっと。

 

でもさ、

その好きだって気持ち、ちゃんと彼女に伝えたほうがいいぜ。

その熱い気持ちをさ、冷めるまでほっとくのはもったいねぇぜ。

 

 

自分に自信がないのかい?

モテない学生生活でも送ってきたのかい?

 

でもさ、

そんなの今は関係ないだろう?

好きになっちまったんだ、仕方ねぇよ。

 

お前が心のドアをほんの少しだけ開けてやれば、

たとえピアノがなくても思いはきっと伝えられるはずだぜ?

 

自分は彼女にふさわしくないって?

君の隣に立てるような男じゃないって?

 

 

パーン(撫でるように優しく頬を叩く音

 

 

ピアノに頼ってんじゃねぇよ。

彼女を好きになってどれだけ嬉しかったか思い出せよ。

 

 

ピアノはお前の心の中にあるんだよ。

奏でてみろよ、お前のピアノを。

 

 

 

 

 

-----------------

 

これさ、寝る前に書いてた下書きなんですけど、

昨晩の私はどうなってたの?

 

西田敏行さんに恨みでもあったの?

 

私ってそんなに熱い男だったの?

 

というか私もキラキラした学生生活を送ってないよね?

 

何ならあなた、ギターを買って練習してますよね?

 

ギターの弾き語りできたら自分の気持ちを歌に乗せることができる、って

そう思ってギター練習してますよね?

 

 

 

 

いやぁ、こわいですね。

やっぱり文章は書いたら少し寝かせてから確認したほうが良い。

 

あと、ギターは”F”よりBコードの方が難しい。

スポンサーリンク

Twitterのフォローをお願いします_(._.)_