大人が公園で縄跳びをすると鳩に詳しくなる
スポンサーリンク

 

みなさん縄跳びって知ってますか?

 

縄を手に持って回した縄を飛びくぐる遊びに使う、アレです。

 

でね、あまり大きな声では言えないのですが、

大人だけど縄跳びを買ったんですよ。

 

 

まぁ、運動不足解消のために買ったんですけど、

流石に室内だと使えないじゃないですか。

 

あの時のわたしは、

「在宅ワークの合間に30分ほど縄跳びすれば、いい運動になるかな!」って、

そう思って買ったんだと思うんです。

 

でもさ、さすがに室内で縄跳びはできなかった。

 

あの時のわたしは、

「防音対策で床にヨガマットを敷けば、部屋から出なくてもいけるか!」って、

そう思って買ったんだと思うんです。

 

でもさ、問題はそこじゃなかった。

 

単純にウチが狭かったんですね。

忘れてたけど、うちは1K(賃貸)。

縄跳び買う前に引っ越そうよ、って。

 

で、これはいい機会だから外に出て縄跳びするかってなったんです。

 

うちの近所に公園があって、

徒歩で数分なので、休憩時間に行ったんですね。

 

 

大人が、平日の日中から、縄跳びを片手に、公園にやってくる。

 

怖いでしょ。

いや、私が子供だったら怖いよな、って。

 

子供A「見てみろよ、大人が平日に公園きてますわ」

子供B「ほんまですわ、最近の大人は何を考えてるんだか」

きりさきピエロ「しんくうぎり」

 

メンタルは強い方だと思う私ですら、さすがに視線が痛かった。

 

石化するんじゃないか、って。

ハッサン化するんじゃない、かって。

 

そのくらい視線を集めていたけど、気にせず縄跳びはした。

そこは大人。

 

スマートに縄跳びを取り出して、縄を張り、飛ぶ。ヒュンヒュン

地球の頭をペシペシしながら、私は縄跳びをしていた。

 

10分くらいやってた時、奥の方にハトが数羽がいることに気がついた。

まぁ、公園にはハトくらいいるか、そう思いながら飛んでたんですけど、

 

ふと、

「ハトの子どもって見たことないな。」

 

って思ったんですよ。

見たことなくないですか?ハトの子ども。

 

ニワトリの子どもはヒヨコで、見たことあるし、

つばめだって、巣をつくったところで見たことがある。

 

ヒヨコは黄色くてふわふわしていて、

つばめの子は、まぁ、大人とほぼ一緒ですね。

 

ただ、ハトの子って見たことなくないですか?

私はない。

 

公園にはハトがたくさんいるのに、子供のハトは見たことがない。

大人のハトも子どもを連れているのを見たことがない。

 

ハトってだいたい「ハトです。」くらいのラフさで公園にいるでしょ?

「ニ、ニンゲン!?」みたいに驚いてない。

 

せいぜい「あ、ども」くらい。

「あ、なんか食べ物くれるんです?ぽっぽ?」くらいじゃないですか。

 

子どもに近づかないで!みたいな緊迫したハトも見たことないし、

いったいどこに子供のハトはいるんだろう。

縄跳びしながらそんなことを考えていた。

ブンブン縄を振り回して、ぴょんぴょん跳ねながらそんなことを考えていた。

 

たぶん真顔だったのかな、

ハトは私に見られていたけど、私は子ども連れのお母様集団に見られていた。

 

 

完全に不審者。

まごうことなき不審者でした、ありがとうございます。

 

さすがに30分もあの空間で縄を飛ぶスキルを有していない。

異世界転生するなら「人前でも気にせず縄跳びできるユニークスキル」を希望する。

 

で、うちに帰ってからハトの子どもについて調べてみたのですが、

ハトの雛って、人間に見つからないような場所に巣を作るらしい。

 

つばめとかは「おー人間ー!巣作り台作ってくれたのかー!ありがと!」くらい近場につくるけど、

ハトは閑静な住宅の中でも更に閑静なところに巣を作るらしい。

 

家賃。

君たち、家賃払ってる?そんないいところに家を建てて。

 

まぁ、それはいいとして、ハトは母乳で育てるらしい。

ピジョン・ミルクって言うらしいんだけど、口からミルクがでるらしい。

 

正確に言えばミルクではないと思うけど、

とにかくつばめみたいに、餌を取るために行ったり来たりしないらしい。

また一つ賢くなってしまった。

 

 

縄跳びを買ったら鳩に詳しくなった。

 

 

この世界は広いなぁ。

 

スポンサーリンク

Twitterのフォローをお願いします_(._.)_