スポンサーリンク

毎年12月は、

一応ボーナスの使い道について話をしておきたい。

 

 

出たのよ、ボーナスが。

少しだけど。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

うちの会社では給料がクッキーで支払われており、

冬のボーナスも同じくクッキーなのです。

 

 

日本円ではなく、クッキーが支給され、

それを街のみんなと分け合いながら生活しています。

 

 

しかし、今年は世界的なクッキー不足で、

ボーナス用のクッキーが確保できない事態に見舞われました。

 

 

おそらくは、

クッキークリッカーのおばあちゃんが体調を崩した影響もあるのだろう。

 

クッキークリッカーから逃げるな - 頭痛が痛い

 

 

それで、社長が

「クッキーの代わりに、ビスケットでもいい?」

みたいなこと言ってたので、

 

 

めちゃくちゃ怒りましたね。

マジおこだった。

 

 

 

あのね、馬鹿にしてんのか、と。

何でボーナスでビスケットを貰わないといけないのか、って。

 

 

流石に詰め寄った。

社長のひざに頭突きしてまうくらい詰め寄ったね。

社長でかいから。

 

 

 

「すみません社長、ビスケットでどうしろと?」

つって。

 

 

 

大判焼きの代わりに、

今川焼きを渡すようなもんじゃないですか。

 

 

 

私は、私たち社員は、ビスケットのために働いてるわけじゃない。

クッキーのために働いてるんだ!つって。

 

 

 

クッキーもらえなかったら、

この会社にいる意味がない!つって。

 

 

 

「では、代わりに1億円でどう?」

って提案されたけど、これもさ、意味不明ですよ。

 

 

1億で、クッキーが買えますか?

つって。

 

 

確かに1億あれば、

愛も友情も自由も夢も希望も買えるし、

大抵の幸せは手に入れられるけど、

 

 

 

クッキーが買えますか?って。

 

 

それが答えなんじゃないですか?って。

単純な話じゃないですか?って。

 

 

 

まぁ、買えるんだけどさ。

クッキーはお金で買える。

 

 

買えるけど、そういう問題じゃなくない?

つって。

 

 

 

そこまで言って、

なんとか社長は重い腰を上げ、

自社でクッキー工場を急ピッチで建設し、

バイト1億人体制でボーナス用のクッキーを焼き上げてくれた。

 

めでたしめでたし。

 

 

 

そして、手に入れたボーナスは、

偶然にも会社の近くにあったクッキー換金所で日本円と交換し、

ブラックフライデー期間中に、

コンビニでAmazonギフト券をチャージし、

最大2.5%のAmazonポイント還元しました。

 

 

三店方式のおかげで、

クッキーを日本円に換金できた。

 

 

今回のブラックフライデーでは、

からだシフト 糖質コントロール クラムチャウダー 150g×5個を買いました。

 

1食あたり110kcalで、PFCも悪くはない。

たんぱく質 3.3g、脂質 8.9g、炭水化物 4.8g(糖質3.7g、食物繊維1.1g)

 

通常952円のところ、666円で購入できました。

 

このクラムチャウダーは、

ゆるい減量中でも食べられるのでおすすめです。

 

 

カロリーコントロールしながらも、

残ったクッキーは冬眠前に食べたいと思います。

 

🍪<オマージュです!

スポンサーリンク

Twitterのフォローをお願いします_(._.)_